製品 ソフトウエア

 

 

概 要

以下の2つの製品があります。
分 類 名 称 備 考 用 途
本格版 MOS Bench モーション制御40軸可能 産業用製造装置メーカ向け
入門版 MOS Bench EY
(いいわい)
普及価格
モーション制御無し
RS232CやIOでモータ制御
社内設備開発、研究機関向け

ソフトウェアは、以下の4つのモジュールから構成されます。

機 能 名 称
リアルタイムIO制御開発環境本体 MOS Bench本体
(あるいは、MOS Bench EY本体)
お客様のプログラムを
マルチプロセスで高速翻訳実行ソフトウェア
MwController
(エムダブリュコントローラ)
リアルタイムPCIアクセスソフトウェア
(本格版では、モーション制御も実行)
MOTIWARE
(モウティウェア)
Windowsをリアルタイム拡張するソフトウェア 「RTX」ランタイム

 

システム構成


MwControllerリアルタイム実行可能なマルチプロセスコントローラ)

MOS言語で記述して、中間コードに変換したオブジェクトをマルチプロセスで実行できるコントローラです。
プロセス番号に、実行したいオブジェクトを登録するだけで、複数プログラムの同時実行ができます。
マルチタスクを簡単に実現できます。
また、
オブジェクトを
・Windowsインタープリタか、
・RTX上で動作するリアルタイムインタープリタか、
どちらで実行するか選択できます。
Windowsインタープリタは、RTXが無い環境でのシーケンスシミュレータとして使えます。

以下のプロセス管理画面から、リアルタイムインタープリタ実行を指定できます。
この画面では、4本のマルチプロセスになっています。

特徴
・登録プログラム数 200本
  「レシピ」として登録可能。
・同時実行プロセス数 100本
  100プロセス同時実行可能。
  登録済みの「レシピ」の中から、最大100本をプロセスとして割り当てて、実行。
・共有資源(プロセス間、WIN32アプリケーション間)

共有資源(最大)
プロセス1
・・・
プロセス100
VB Application
(DCOM経由)
グローバル変数
共有可能
・・・
共有可能
共有可能
共有変数(65536個)
共有可能
・・・
共有可能
共有可能
ロボットI/O(1024点)
IN512点、OUT512点
共有可能
・・・
共有可能
共有可能
 ロボットI/O:リアルタイム制御可能なIO
リアルタイム制御能力



MOS Bench (モスベンチ)

 概 要・・・MOS言語によるプログラムを効率よく開発するための環境です。
リアルタイムインタープリタオプションにより、MOS言語を中間コードに変換した後、RTX上でリアルタイムに実行可能です。

主要機能

  機能  
ソース
エディタ
MOSプログラムの編集、実行トレース
プロセス制御 各プロセスの起動/停止、変数のリード/ライト、MOS言語のビルド、ブレークポイント、グローバル変数のモニタ
共有変数 共有変数のリード/ライト
入出力
モニタ
物理I/O、論理I/Oのリード/ライト、AD/DAのリード/ライト
標準出力 MOS言語のPrintf0等で出力したメッセージを表示

 

RTX
 米国IntervalZero社(旧VenturCom社、旧Ardence社)が開発販売しているWindows(2000/XP)をリアルタイム拡張するためのツールです。通常のWindows-PCにRTXをインストールすることによって、PCをリアルタイムアプリケーションに使用できるようになります。
「MOS Bench」、「MOS Bench EY」に当社でRTXランタイムライセンスを添付致します。

IntervalZero社代理店
    東京エレクトロンデバイス株式会社
    エンベデッド・ソリューションズ部
    URL:http://esg.teldevice.co.jp/


MOTIWARE(モウティウェア):ソフトウェアモーションコントローラ

「MOTIWARE(モウティウェア)」は、 IntervalZero社(旧VenturCom社、旧Ardence社)RTX上で動作するソフトウェアモーションコントローラです。弊社RT8シリーズのPCIカードともに、通常のパルス列発生ボードでは、実現できない複雑な機構を持ったメカニズムの軌跡制御が可能になっています。
  • 複雑なメカニズムの軌跡制御可能
  • 複数のメカニズムを同時に40個まで、独立して制御可能
  • 最大40軸、1ms毎の軌跡制御
  • A/Dカードを使用した1ms毎のセンサフィードバック制御可能
  • 機構部の物理的パラメータ等を「設定ファイル」として別管理。上位のソフトウェアがハードウェア変更、機械変更に対して、頑健になります。上位ソフトウェアの再利用が容易になります。
  • COMによるインターフェイス


MOTIWAREが提供する主要なインターフェイス
インタフェース メソッド 機能
IRobotCtrl ArcMove 円弧補間動作
CircularMove 真円補間動作
GetCarteGoal XYZ座標系の最終目標位置の取得
GetCartePosition XYZ座標系の現在位置の取得
GetHomeSensorStatus 原点センサ状態の取得
GetServoPowerStatus サーボ電源状態の取得
GetTravelLimitSensorStatus オーバーランセンサ状態の取得
JogMove XYZ座標系で任意方向へJOG動作
PtpMove XYZ座標系でPTP動作
ReturnHome 原点復帰動作
SetCpAccelerations 補間動作の加減速パラメータ設定
SetCpSpeed 補間動作の速度設定
SetPtpAccelerations PTP動作の加減速パラメータ設定
SetPtpSpeed PTP動作の速度設定
SetServoPower サーボ電源のON/OFF
 Visual C++, Visual Basicからの直接使用も可能です。

MOTIWAREの「設定ファイル」主要項目
システム全体 実機動作モード/シミュレータモード
各メカニズム 構成軸数
メカニズムの機構
アーム長さ
各 軸 エンコーダ有無、エンコーダパルス数
軸の1移動単位あたりのパルス数
最高パルス列出力周波数
原点復帰方法(原点センサ使用、OTセンサ使用、など)
原点センサの有無、論理
オーバートラベル(OT)センサの有無、論理


 

パソコン制御コントローラ最新動向 資料ダウンロード
  • (資料) 「パソコンベースのコントローラはまだ導入するな!」 ダウンロード


  • 業界12年、全国の装置メーカを訪問したわかったパソコン制御コントーラ裏話

    内容

    事例1: Visual Basic、Visual C#を導入する..........1ページ
    事例2: Visual C++を導入する.......................2ページ
    事例3: リアルタイムOSを導入する.................3ページ
    事例4: リナックス(linux)を導入する..............4ページ
    事例5: 「MOSBench」を導入する.............5ページ
    事業が儲かるコントローラ3つのポイント..........6ページ
    Windowsリアルタイムコントローラ活用4つのヒント...7ページ
    Windows リアルタイムパソコン選定3つのヒント......8ページ

     

 

MOS Bench(モスベンチ)資料ダウンロード
MOS Bench(モスベンチ)価格表、ユーザーズガイド、等

 

 

MOS Bench(モスベンチ)シミュレータ30日無償版ダウンロード
MOS言語によるモーションシミュレータ、シーケンスシミュレータ(Win32版)
シミュレータで開発したMOS言語プログラムをWindowsリアルタイム制御版へ移行可能

 

 

お問い合わせ MOS Bench資料請求、デモ要請
HOME  サイトマップ  個人情報保護方針  サイトご利用にあたって