モータ制御(d-q変換)

Dscf0848__512x384 モータ制御理論も進化する。この本は1984年初版。1987年に買い求めた。ブラシレスモータの電流制御は、各コイルの電流を制御する相電流制御が普通だったが、しだいにマイコン、DSP等プロセッサの処理能力が高まり、複雑な制御を取り込もうと気運が生まれた。

この本には、交流モータモデルを計算で変換して、直流モータとして扱う「d-q変換」理論が記述されている。変換したあとの仮想的な量を制御するというものである。

目次
閉じる