モーションおやじの実験室

脱皮、脱皮、脱皮

会社概要
創業は、自宅の一室。机とパソコンと古いアナログオシロスコープと退職金を注ぎ込んだ資本300万円。なんとも創業の目的とはかけ離れたわびしいスタート。回路CAD、FPGA開発ツール(当時は70万円。今は、ダタ)、キャッシュは、出て行くばかり。 しかし、3ヶ月でキャ…
続きへ

パソコンで高速機械制御

会社概要
当社モーションコントローラの応用例です。 写真は、ICボンダ(シリコンウェハーからICを取って、基板やテープに超音波溶着する装置)のコントローラです。37個のモータをパソコン1台で制御しています。価格は数千万円とか。業界最高速とのことです。
続きへ

産業用パソコン

会社概要
当社のモーションコントローラは、パソコンにモーションカードを挿入し、モーション制御ソフトウェアをインストールして動作する。 お客様は、その他に画像キャプチャカード、DIOカード、DAカード等を挿入して、さらにお客様の製品ソフトウェアをインストールして、装置とし…
続きへ

ダントツ製品「MOS Bench」

会社概要
これは、当社の機械装置プログラム開発環境「MOS Bench(モスベンチ)」という製品です。Windowsパソコンのソフトウェアです。 機械装置では、物を動かす、動いた状況を確認する、動いた物に加工を施す、加工した物を排出する、といった動作をコントローラ(パソ…
続きへ

競争相手

経歴, 考え方
私も人間、基本的に怠けもの。自分の目標とともに競争相手、ライバルが必要です。ライバルが居てこそ、頑張れることがあります。とくに学生時代は、そうでした。しかし、中小企業対大企業の競争は不毛。いかに戦わないか、頭を使って考えます。争うと利益率が下がります。 この分…
続きへ

乗鞍ヒルクライム

自転車
趣味は自転車。ロード、MTB、シクロクロスに乗っていた。特にロードレーサーが好きで、乗鞍、栂池、美ヶ原、八千穂、シマノグリーンピア、シマノ鈴鹿、修善寺のチャレンジ、群馬パナソニック等々、ハードに仕事をこなしながら、よくレースに出た。 乗鞍の全日本マウンテンサイ…
続きへ

電磁気学と電気回路

経歴
この2冊の本は、大学4年生のとき、大学院受験勉強でめちゃくちゃ勉強しました。3年生まで勉強していなかったので成績は「C」だらけ。試験の成績でカバーしようと4年生の7月と8月は朝8時から夜12時まで毎日勉強していました。ハードカバーの本が破れたのは、写真の「電磁…
続きへ

VenturCom(Ardence) RTX

技術
旧VenturCom(ベンチャコム社) 、現Ardence(アーデンス)社のWindowsリアルタイム拡張ソフト「RTX」バージョン4.3.2.1を1999年11月に買った。当時の定価は、300万円超。今は1/3。この投資のリターンは十分ありました。Windo…
続きへ

ヘネパタ

経歴
MC68060を採用するか迷っていた頃、買った本。CPU処理能力に関する判断基準が欲しくて自費で買った。1995年6月17日の職印がついてある。初版。今は、コンピュータ設計者の「バイブル」と言われているらしい。
続きへ