Dscf0857__512x384 技術屋さんは、技術バカ!技術が良ければ、売れると信じている。大きな会社に居たとき、私もそうでした。当時、大きな会社の看板で売れていること、営業さんの力で売れていることがわかりませんでした。

独立すると、いきなり「どこかの馬の骨会社」になります。超弱小企業です。

技術以上に、「売る」ことに力を注がなくてはなりません。写真の本は、超弱小企業における売り方について、わかりやすく書いてあります。

「売る」ことについては、技術開発と同じように、仮説(モデル)、実行(実験)、仮説の修正(モデルの修正)のサイクルを回します。論理を組み立てて、ズバッと実行する論理的思考力と行動力が必要です。意外と面白いものです。

ずっと大きな会社に居ると経験できないことです。事業を進める(というか、生きていく)多面的な能力が育まれます。