人材が少ないということ

「人材が少ない」ということは悪くはない。その場を満たすチャンスがあるから。そこでの動きは、自由。自分の考えで振舞える。

自分の思考軸があれば、その軸に沿って、伸びたい放題、伸びる!伸びる!どんどん任せてもらえる。

ただし、よい指導者がいるという条件で。

人材がいっぱい居るところに入れば、自分のプレイする範囲は狭まる。加えて、あまり教えてもらうのも困る。

野球の選手は、レギュラー9人の制限があるから典型例だ。自分のポジションの人材が欠けている球団に入って、活躍する。

目次
閉じる