設定ファイルを有効にする

設定ファイル編集ソフトで編集保存した「MOTIWAREConfig.ini(モウティウェアコンフィグ.イニ)」をモーションコントーラソフトウェアに認識させるためには、少し作業が必要である。

概要は、タスクトレイから以下の操作を行う。

1、「MwController Service(エムダブリュ コントローラ サービス)」 を停止

2、「MOTIWARE Service(モウティウェア サービス)」を停止

3、「MOTIWARE Service(モウティウェア サービス)」を起動

4、「MwController Service(エムダブリュ コントローラ サービス)」 を起動

実際の操作は、簡単である。「ピンク・ピンクにして、緑・緑にする」だけである。

まず、タスクトレイをみると

Both_green

のように緑のmマークと緑のmCマークがある。mCマークを右クリックすると、以下の表示が現れる。そこで「MwController Serviceの停止」を選ぶ。

Mwc_stop

すると、mCマークがピンク色になる。

Mwc_pink_2

これで、「MwController Service(エムダブリュ コントローラ サービス)」 が停止したことがわかる。

次に、mマークを右クリックすると、以下の画面が現れるので「MOTIWARE Serviceの停止」を選ぶ。

Mw_stop

そうすると、mマークがピンク色になる。これで「MOTIWARE Service(モウティウェア サービス)」が停止したことがわかる。これで、「ピンク・ピンク」になった。

Both_pink

次に、ピンクのmマークを右クリックすると、以下の画面が現れるので、「MOTIWARE Serviceの起動」を選ぶ。

Mw_start

mマークが緑になる。次にmCマークを右クリックして、以下の画面を表示させ「MwController Serviceの起動」を選ぶ。

Mwc_start

そうすると、「緑・緑」になる。

Both_green_2

元に戻った。これで終わり。mCマーク、mマーク、mマーク、mCマークの順番。間違えないように。

重要なパラメータなので、ちょっと手間がかかるようにしてある。

目次
閉じる