最近、営業に行くと、マシン制御用コンピュータとGUI(グラフィックユーザインターフェイス)用Windowsパソコンの2つのCPUを低コスト化のために、1つのCPUにしたいという話が多い。そういうお客様に会っているせいだが。

A, ISAバスのx86系CPUボードにDOSをインストールしてリアルタイムIO制御するコンピュータ + GUI用Windowsパソコン

B, SHマイコン等のIO制御ボード + GUI用Windowsパソコン

C, VMEバスのCPUボードにリアルタイムOSをインストールして、IO制御するコンピュータ +  GUI用Windowsパソコン

D, シーケンサ +  GUI用Windowsパソコン

等々、いろいろな例がある。

解決策が1種類ですめば簡単なのだが、お客様によって、重視したい性能が異なるので、個別にカスタム化提案になってしまう。