サンプル提示してから、購入してくれるまで

技術のネタがあって、お客さんの要望があって、適度な開発費をもらって、持ち出しありの「汎用製品」として開発するのだけれど、そのお客様の製品が売れないと、投資回収できないことになる。

その製品を他社に売ろうとサンプルを持って、新規開拓する。

興味ある潜在顧客はいっぱいいる。しかし、モーションコントローラを置き換えするには、制御プログラムを移植しないといけない。参入障壁が非常に高い製品。逆にこちらが入ってしまえば、他社からも参入障壁が高い。

「興味無い!」とはっきり断ってくれれば、こちらもあきらめがついて、営業効率が高い。

サンプルを初めてお見せしてから、3年4ヵ月後、1台目を購入してくれたお客さんがいる。いまでは、たくさん購入していただいているよいお客さんだ。

目次
閉じる