開発稟議書を書いてくれるお客さん

お客さんの設備装置メーカの制御エンジニアも自分の装置を低コストで高性能にして、競争力を上げたいと考えている。

「制御部の解決策を提案してほしい」と言われて、ニーズをヒヤリングした。その後、提案書と見積り書を出して、いろいろやり取り。

「今期の予算執行のつもりで稟議書を書いている。今期執行はだめになるかもしれないけれど、日付をなおして、来期予算に向けて再提出する手もあるから。」とお客さんが頑張っているようすを聞くと、従来機種と新機種の性能比較表を作成して送付したり、バックアップしてしまう。

みんな前向きにがんばっていますよ!

いいアイディアも出てくるし!

目次
閉じる