新しいコントローラを開発してほしい

また、今日も「新しいコントローラを開発してほしい」という新規のお客様と打ち合わせをした。

「予算にあう見積りとその仕様をもらえば、すぐ、発注する。大至急、試作して、3ヵ月後に小型サンプル機を作って、販促に回りたい。」とのこと。

最近は、「競争力ある新製品を作りたいので協力してほしい」という話ばかりだ。

お客様は、どんどん沈んでいくという危機感のなかから、社運をかけるに値する起死回生の新製品を渇望している。

目次
閉じる