昨日に引き続き、ミスミのパソコン「BBC-AREM4MC2」のリアルタイム性評価。

ハードウェア:

マザーボード: DFI社 G7B630-B R.AA0 (パラレルポートコネクタの上にリビジョンらしいシールがある)

CPU: Core2Duo 2.13GHz

Memory : 2GB

PCI4スロット

ソフトウェア:

XP Proffesional SP2

IntervalZero社 RTX 6.5.1 Evaluation版 (片方のコアにDedicated設定)

Prime Motion社 MOS Bench

■CPU処理負荷

Prime Motion社 MOS Benchのなかの

・MOSプログラム実行行表示(リアルタイムプログラムで、1軸PTP連続往復運動させている)

・Printf文による標準出力

・動作波形表示ツール MOTIWARE Analyzer(モウティウエア アナライザ)

・ユーティリティ MOTIWARE Manager(モウティウエア マネジャー)のドクターモード

Photo

その他の負荷

・インターネットブラウジング

・USBメモリの抜き差し

・画面キャプチャをして「ペイント」にペースト、保存

■結果

Prime Motion社 MOS Benchの中にあるMOTIWARE Manager(モウティウァ マネジャー)のドクターモードで以下の処理時間を評価した。

・1ms割り込み周期: 971.7usから1027.9us(ジッタ±28us)

・1ms割り込み処理時間: 41.3usから102.4us(平均42.1usに対して、2.4倍)

2

■結論

時間がなくて、1628秒(27分)しか評価していないが、

リアルタイムIO制御に使えそう!

ただし、IRQを独占するために、無効にせざるを得ないデバイスがあります。

■参考

Realtek High Definition Audioのドライバを一度インストールして、デバイスマネージャーで無効にする。(スピーカの絵に赤のx印が付く)

Audio_3

ドライバインストール時、 下の画面のRTHDCPL.EXEも合わせてインストールされてしまう。これがWindows起動時、自動実行される。(どこで、自動実行されるのか、調べきれていない。)

Rthdcpl

そのため、Realtek High Definition Audioを無効にしても、Wndows終了時、以下の画面が表示される。

Dscf2340_rthd

売り物装置のコントローラとしては、問題。この現象を避けるためには、Realtek High Definition Audioを無効にするつもりなら、予めドライバはインストールしないようにする。