今は種まきの時期

最近、お客様から「技術的に可能かどうか、可能なら見積もりしてほしい」という問い合わせが多い。
お客様が、さらにそのお客様からの受けた引き合いを実現できるか?システム検討しているなのだが、景気の良い時ならば、忙しいので現有品の流用を考える。
しかし、この時期、時間があるので、低コストにしたり、性能を上げたりして競争力のある新世代システムに変えたい目論見があって、開発費の見積もり依頼となっているようだ。
見積もり件数は、増えてうれしいのだが、見積もった複数テーマを同時受注して、今でもパンク寸前なのに、本当にパンクしないことを祈っている。

目次
閉じる