しばらく前にWindowsで手軽にリアルタイムIO制御「MOS Bench(モスベンチ)」のデモを行ったお客様のフォローをした。

「INtime」採用の方向になりつつあるとのこと。

理由は、「製品コストをできるだけ安くしたい。」

そうですか。

もちろん、そういう選択もあります。

同一機種の装置をたくさん(50台/年以上とか)製造される方は、開発コストをペイできるので、機種開発コストより、製品単価重視になりますね。

ちなみに「MOS Bench(モスベンチ)」のデメリットはこちら:

2009/02/10の記事