シマンテック(Symantec)ウイルス対策ソフトNorton360バージョン3.0とリアルタイム性の関係を実験した。

30version

使ったソフトのバージョンは、これ。30日評価版。

OSは、Windows XP Professional SP2

RTXは、RTX 6.5.1 Runtime Evaluation版。

パソコンは、エプソンダイレクトのMT7800。

まず、プライムモーション社のWindowsで手軽にリアルタイムIO制御「MOS Bench(モスBench)」のツール「MOTIWARE Manager(モウティウェアマネジャー)」をドクターモードで起動する。

Photo

ウイルススキャンの前は、上の画面から

1ms割り込み周期の最大値は、1012.4us。

1ms割り込み処理の最大値は、88.5us。

ここで、以下の「クイックスキャン」を実行する。

Photo_2

スキャン後は、以下の表示。

1ms割り込み周期の最大値は、1012.5us。

スキャン前に比較して、0.1us増えた。

1ms割り込み処理の最大値は、89.5us。

スキャン前に比較して、1.0us増えた。

Photo_3

「クイックスキャン」は、リアルタイム性に影響を与えない。

他の「総合スキャン」、「カスタムスキャン」は、調べていない。