北澤美術館新館とSUWAガラスの里

「北澤美術館本館」のあと、諏訪湖の対岸にある、「北澤美術館新館」と「SUWAガラスの里」へ行った。

驚いたのは、「SUWAガラスの里」の事業。

「SUWAガラスの里」は、「北澤美術館新館」と同じ建物にある。

自他のガラス工芸品、自他のガラス工芸作家に関わることをすべて事業にしている。

「ガラス工芸品」をキーワードにして、お金になることはすべて関わるぞ!という意欲がひしひし伝わってくる店内だった。

・自社工房で、自社ブランドのガラス工芸品を作る

・それを店内で販売する(105円から294,000円のレンジ)

・店内でガラス工芸を実演する

・店内でガラス工芸の有料体験をさせる

・外国から輸入したガラス工芸品を売る

・他の日本人ガラス作家の工芸品を売る(最高価格は63万円だった)

・他の日本人ガラス作家に店内で実演させる

・ぬかりなく、漬物、地酒、等も同じ店内で売っている。

105円から63万円までの、6000倍レンジ(76dB:デシベル)の商品を売っているのがいいね。

さて、以下は、一番安いガラス工芸品

「わかガエル」?

Photo_2

領収書

Suwa

目次
閉じる