Raspberry PiのPythonからモータコントローラのOUTポートを使ってLチカ

Raspberry PiのPythonからモータコントローラのOUTポートを使ってLチカしてみました。

Raspberry PiにLAN接続でモータコントローラのInterMotionを接続します。InterMotionのOUTポートにLEDを接続して、Raspberry Pi上のPythonプログラムからLEDを点滅させようという実験です。

AmxCtrl4Pyライブラリと言うライブラリをラズベリーパイにコピーします。

LチカのPythonプログラムは、以下になります。

print("Sample1")
import AmxCtrl4Py as AmxCtrl
import sys
import time

Handle = AmxCtrl.RefInt32()

#イニシャライズとハンドルの取得
rc = AmxCtrl.AmxInitialize()
rc = AmxCtrl.AmxOpen('TCP:192.168.0.199', 0,0,0, Handle)
print('Handle= {}'.format(Handle.val))

i = 0
while i < 20:
    # port65をオン
    rc = AmxCtrl.AmxRobWritePorts(Handle.val, 65, 1, 1)
    # 休止
    time.sleep(0.1)
    #port65をオフ
    rc = AmxCtrl.AmxRobWritePorts(Handle.val, 65, 1, 0)    
    # 休止
    time.sleep(0.1)

    i += 1
print('Finish')