ディジタル信号処理

Dscf0883__512x384 H立、M菱電機等の国内メーカからメモリ内蔵16ビットマイコンが販売開始となり、そろそろソフトウェアでモータ制御をやろうかという感じになってきた。

ディジタル信号処理を勉強するために、本を購入した。左の小さな本は、1986年。右の本は、1987年。後から買った学会本のほうがずいぶん古いことがわかった。初版は75年。大きい本が元ネタで、小さい本は抜粋だった。電子回路の授業でお世話になったT工大辻井先生のこづかい稼ぎに協力してしまった。

目次
閉じる