コントローラに対するいろいろなニーズ

以下に依存して、いろいろなニーズが発生する。全部に対応することは、とても無理。
・時間管理分解能。
・制御したい内容。(デバイス数、機能)
・1装置あたりのプログラミングにかける時間。(装置の規模、販売台数)
・機種展開の可能性。(いろいろなスキルの人が関わる)
・他のシステムとの通信
小さなセグメントに区切って対応することは可能。しかし、広くカバーしたい。アイディアの出しどころ。

目次
閉じる