とあるお客様で、使いやすいコントローラを新しく選択するとのことで、プライムモーション社のWindowsで手軽にリアルタイムIO制御「MOS Bench(モスベンチ)」のプレゼンテーションに2回行きました。そのあとも、いろいろフォローしました。

最終選考に残ったのは、

・プライムモーション社

・三菱電機

・安川電機

の3社。

最後に負けました。

3社比較表では、

・「リアルタイムWindows環境でデバッグしやすさ」

・「ギガヘルツCPUによるシーケンス制御の高速性」

は、ご評価いただいたのですが、

・「企業の信頼性」

で、点数を獲得できなかったとのことです。

お客様は、使いやすさと最高性能を手に入れるグッドチャンスだったのに。お客様にとってもったいない話です。

使いやすさと最高性能を手に入れて、装置事業の体質を変えている会社もあります。

http://www.primemotion.com/064.php

「モーションおやじ」は、もう少し、フォローします。(嫌われない程度に、、、)

「モーションおやじ」は、3000人の会社と500人の会社でサラリーマンしていたときがありました。そのときと今と比べると、どちらがお客様に対して真剣かというと、小さい企業ほど真剣ですよ。

逆に、担当者の立場で考えると、「有名会社製品を選択して、そこそこ性能でも、自分のキャリアに傷がつかない」というのは、否定できないよね。

後でお聞きしたら、上述の大手サーボメーカからは、月数千万円購入しているとのこと。

無理もないです。

さて、モーションおやじは、

「みんなにわかりやすい圧倒的なメリット」をたんたんと極めていきます。

「リアルタイム化Windowsで高速ステージ制御」(動画)は、こちら、

http://www.primemotion.com/069.php