オブジェクトファイル(中間言語ファイル)

モーション制御
「モーションおやじ」のマシンコントローラは、軸やIOの制御プログラムをMOS言語で記述して、それをビルドすることにより、オブジェクトファイル(中間言語ファイル)に変換する。 このファイルを読み込んで、インタープリタ(翻訳ソフトウェア)が翻訳実行する。 ■実機版…
続きへ

移動速度指定と速度オーバーライド

モーション制御
「モーションおやじ」のモーションコントローラでは、移動速度に関して、以下の2つの命令を用意している。 ・移動速度設定用にRobSetPtpSpeed関数(通常用途) ・速度オーバライド用にRobSetSpeedOverride関数(移動途中で速度変更用) 通常…
続きへ

モーションシミュレータとシーケンスシミュレータ

モーション制御
「モーションおやじ」のコントローラで、往復移動をしてみる。 ・行きは、パルス指令出力周波数100%で、+30mmへ絶対位置座標指定移動 ・帰りは、パルス指令出力周波数50%で、0mmへ絶対位置座標指定移動 のソースプログラム。最初に加減速時間設定、サーボオン、…
続きへ

robot19個、物理軸35軸まで使う例

モーション制御
これは、robot(ロボット)を19個、物理軸を35軸まで、使用している「MOTIWAREConfig.ini(モウティウェアコンフィグ.イニ)」ファイルの例。 robot index 19(19番目のロボット)では、物理軸の33軸目、34軸目、35軸目を使用…
続きへ

設定ファイルを有効にする

モーション制御
設定ファイル編集ソフトで編集保存した「MOTIWAREConfig.ini(モウティウェアコンフィグ.イニ)」をモーションコントーラソフトウェアに認識させるためには、少し作業が必要である。 概要は、タスクトレイから以下の操作を行う。 1、「MwControll…
続きへ