モーションおやじの実験室

製造業の売上げは、もとに戻らない

未分類
※この記事は2009年7月20日に書かれたものです。 先日の新聞に、多摩川精機が、現有主力製品の製造を中国に移管して、新分野の製品の売上げ増加を目指すみたいな記事があった。 もうそういう判断をする時期だと思う。 元に戻らない変化なのだ。 相手にする物を変える相…
続きへ

自動化装置をつくるのに、機械、電気、制御、組み立てのプロが必要

日記
先日、とあるお客様の自動化装置メーカを訪問した。 部長さんの話。 一品一様で自動化装置を受注する事業をしていると 機械、電気、制御、組立、調整、購買、営業 のプロを抱えないとやっていけない。各機能の上司と部下が居るとすると最低でも10人程度の部隊になる。 基本…
続きへ

三菱電機、安川電機に負けました

技術
とあるお客様で、使いやすいコントローラを新しく選択するとのことで、プライムモーション社のWindowsで手軽にリアルタイムIO制御「MOS Bench(モスベンチ)」のプレゼンテーションに2回行きました。そのあとも、いろいろフォローしました。 最終選考に残った…
続きへ

PCI7スロット小型パソコン、まともな値段なら、買うよ。

技術
WindowsリアルタイムIO制御用PCI7スロットのケージタイプ小型パソコン(以下の写真)を開発している。先日、お客様と仕様確定のための打合せを行った。 大きな変更もなく、仕様が固まった。 すでに、試作品を一度お貸し出しして、ご評価いただいているので、量産品…
続きへ

長いトンネルを抜けた後、どのような装置が競争力があるか?

日記
省力化自動化装置の受注が来年4月(もう少し後か?)から、少し動き始めると仮定して、伸びる市場、投資力のあるお客に入り込むために、どのような装置が競争力があるのだろうか? 1、1/2になる低コスト 2、2倍になる高タクト 3、1/2の納期 4、新しい加工プロセス…
続きへ

エンコーダ分解能とパルス数

未分類
今日はロータリーエンコーダ、および、リニアスケールの基本。 エンコーダ1パルスは、エンコーダ分解能の4倍。 1回転で1000パルス出力するエンコーダは、 1回転を4000分割する分解能がある。 ■例 分解能20ビットのロータリーエンコーダを使用すると、1回転で…
続きへ